グレガリナについて
グレガリナとはアピコンプレックス門(Apicomplexa)グレガリナ亜綱(Gregarinasina)に属し,昆虫などの節足動物や環形動物の消化管内やその他の体腔に寄生する原生動物です。ゴキブリを解剖するとたいてい見つかります。
ハンドルネームとしての意味は「虫のおかげで生きている者」です。

もどる
インデックス

出身中学の校歌

春爛漫の山桜
霞む御空の揚雲雀
菜の花筵うち敷きて
此處に立ちたる○○○

夏灼熱の陽は落ちて
○○の河原の闇に飛ぶ
螢と見ては偲ぶかな
学びの道の尊さを

秋玲瓏の草の露
蒼穹高く氣は澄めり
いざや鍛えんこの身体
御国の為に盡すべく

冬凛冽の朝明けて
○○の嶺に降る雪の
汚れ知らぬを鑑にて
吾等修めむ己が身を

私はこの校歌に歌われている自然の中で幼少期を過ごした。しかし,急速な都市化の波が押し寄せ,中学入学時にはこの長閑な景色は失われていた。

私の家の近所にはT氏という虫好きのおじさんがいた。T氏は蚕糸試験場で野蚕の研究をしたのち,ある市立の昆虫館の館長を勤めていた。このT氏のもとには多くの虫好きが集まった。保育社や北隆館の蝶や甲虫の図鑑に彼らの名を見つけることが出来る。その中に敬愛するI先輩がいた。初代グレガリナである。(つづく,かもしれない


トップ

寝子(ねご)も赤子(せきし)も
「猫も杓子も」とは本来は「寝子(ねご)も赤子(せきし)も」であった。江戸時代,いわゆる赤ちゃんは2つに細分され,寝ているだけの新生児を寝子(ねご),動けるようになると赤子(せきし)といった。そこから「小さな子供までも」との意味で「寝子も赤子も」との表現が生まれたが,これがなぜ「猫も杓子も」に変化したかは定かではない。このような作り話で人をだますのが私の趣味である。実際には「猫も杓子も」とは「禰子も釈子も」が変化したものである。

トップ

話半分のつまらない自慢
トップ

本当の自慢
 
トップ

 

もどる
インデックス