農薬のお話

日本人は生物は元素で出来ていないと考え,農薬や化学物質は「けがれ」と考えている。けがれに定量的な評価など適用出来ず,如何に少量でも摂取すべきではないとの妄想が生まれる。これらの考えの誤りを指摘し,農薬や化学物質の催奇形性・発癌性などの毒性と安全性,残留や環境中での挙動の真の姿に迫る。NHKなどの報道の誤りも指摘する。


このホームページは1999年12月4日に開設されました。
たいてい土曜日か日曜日に更新されます。(2014年6月28日に更新されました。)

ホームページ「農薬のお話」廃止のお知らせ
このホームページは公開しているテレビ鳴門のサービス終了に伴い、
本年9月から12月までに廃止されます。
同時に公開(暗示?)している私のメールアドレスも廃止されます。
これはテレビ鳴門がZAQからPikaraに移行するためで、
移行後は別のアドレスで再開したいと考えております。
時期は未定です。




トランプ米国共和党次期大統領候補は便所虫である。

小生は米国共和党次期大統領候補トランプ氏の言説を聴いていて
45年ほど前に聴いた「便所虫の歌」を思い出した。
当時の便所は汲み取り式の所謂ポットン便所が普通で、臭いを防ぐため
便槽には風で働く排気筒が設置され、便器には常に木製の蓋をしていた。

蓋をあければ 便所虫 すっかり大きくなって
子供便所虫もぞろぞろ 這い出して来なさいよ
かわい子ちゃんのおしりにも 便所虫よ かみつけ
ハンサムちゃんの内臓も 便所虫よ 喰い破れ
便所虫 便所虫 たくさん うんちを出して
便所虫 便所虫 産めよ増やせよ便所虫
これからは便所虫の時代だ
便所虫が世界を席巻するのだ


元歌はニュー・サディスティック・ピンク(New Sadistic Pink)の
故天野滋氏の作詞作曲である。
「かわい子ちゃん(ヒラリー)」と「ハンサムちゃん(共和党重鎮議員)」の部分と
最後の部分を少し変えている。
元歌の最後の部分は「君のとなりにも便所虫はいるかも知れない」である。







このホームページは,某化学会社に勤めていた研究者(1名,ハンドルネームはグレガリナです)が日頃農薬や有機合成化学物質について考えていることをまとめたものです。所属機関は一切関与しておりません。
報道への正しい批判は,その質の向上に不可欠です。このホームページが,暮らしの手帖の商品テストのように社会に何らかの役に立てば望外の幸せです。ほとんど記憶モードで書いておりますので思い違いも多いであろうことをあらかじめお詫びします。


 巻頭閑話(4週以内) (全表題リスト) (2011年)

【14/06/28】 米軍の毒ガス検出キット

上の写真は,1972年3月琉球政府(本土復帰前なので)那覇の平和通りにあった米軍払下げの店で購入した毒ガス簡易検出同定キット(US DETECTOR KIT. CHEMICAL AGENT)で,原寸大である。

中には,ゴム製のブローワーのようなものがあり,吸入側に顕微鏡でつかうカバーグラス大(2 cm×2cm程度)のやや厚い濾紙状の試験紙を取り付けるための透明のプラスティック製部品があり,排出側には金属球を用いた弁がある。
他に,試験紙セットとガラス製キャピラリ(細い管)に封入された試薬と説明書がある。

使用法としては,試験紙を取り付けゴム球を何度か握って試験紙に空気を通過させたのち,試験紙を取り外し,これにTLC(濾紙クロマトグラフィーでもよい)にスポットする要領でキャピラリー内の試薬をスポットし,色の変化で毒ガスの種類と濃度を判定する。試験紙と試薬は一度に何種類かの毒ガスを検出するよう工夫されており,たとえば,赤に変化すればイペリット,青ならサリン,緑ならVXといった性能を有する。

ベトナム戦争の終結は1975年4月30日のサイゴン陥落であり,1972年はまだ大規模の戦闘が行われていた。このキットが存在することは,米軍が毒ガス攻撃を受ける可能性を考慮していた,あるいは,米軍が毒ガス攻撃を行う可能性があったと考えられる。

おそらく,本邦の自衛隊もこのようなキットを有していると思われる。松本サリン事件から20年,再びこのようなテロがおきた場合に備えて毒ガス検出キットを主要な警察署等に配布するべきだと私は考える。

【12/06/15】 「放射能も環境ホルモンの1種です。」環境ホルモン学会会長 森田昌敏

2012年6月15日の環境ホルモン学会HPのpdfを添付した。



(2週以降4週以内)


 NEW(8週以内)



 オンコル私史

オンコル私史

オンコル(有効成分名:ベンフラカルブ)とは,大塚化学(株)が独自に開発したカーバメート系殺虫剤で,1986年に上市された。私はその開発当初から,海外展開,登録後の対応に至るまでの多くの分野に関与した。その過程が「オンコル私史」である。

オンコル私史(緒言)
オンコル私史(概史)

オンコル私史(合成化合物概史)
入社した頃
星雲状態
旧オンコル
新オンコル
生理活性物質から農薬へ
アドバンテージとの競争と適用拡大
そして世界へ

オンコル私史外伝

No.01:なぜオンコルはアドバンテージに勝てたのか。
No.02:オンコルの祟り(1) その始まり
No.03:オンコルの祟り(2) それから毎年のように仲間が死んでいった

オンコル私史外伝,番外

ポカリスエットと播磨部長

 NEW 誤解編小ネタ集(農薬についてよく聞く誤り)


 インデックス


時事編
目次
要点

最近の報道機関の誤報などを具体的な記事や放送について論評する。食品添加物やダイオキシンなどの農薬以外の報道は「巻頭閑話」に載せている。

社会編
目次
要約

社会の農薬に対する対応に影響を与えている思想や宗教観を考える。なぜ,日本人は生物は元素で出来ていないと考え,農薬や化学物質は「けがれ」と考えているのだろう。

報道編
目次
要約

農薬等に対する個々の話題と報道機関の対応について論評する。旧聞に属するものも多い。

誤解編
大ネタ集
目次
要約

巷間に流布されている農薬についての大きな誤った考えを指弾する。「ベトちゃん,ドクちゃん」や「CNPの胆嚢癌多発原因説」などが対象である。

誤解編
小ネタ集
目次

 

人口に膾炙されている農薬についての小さな誤解を解く。

基礎編1
目次
要約

農薬の定義と使われ方

基礎編2
目次
要約

農薬の毒性と安全性

基礎編3
目次
要約

農薬の代謝と残留

基礎編4
目次
要約

農薬の環境化学

基礎編5
目次
要約

農薬の活性

一般編
目次
要約

農薬以外のことや農薬についての一般論です。

政策編
目次
要約

関係当局の政策に対する論評です。

疑問編
目次
要約

ずーと疑問に思っていることです。だれか教えてください。

戯言編
目次
要約

専門外のざれごとです。


巻頭閑話
全リスト

食品添加物やダイオキシンなどの農薬以外の報道や時事ネタを載せている。

トップ


 お勧め

初めてこのホームページを訪問された方は,まずこの4つをご覧下さい。。
●農薬とその製剤,有効成分の関係【00/08/13】
●農薬に関する報道は,外国の新聞の「日本人,幼児を誘拐」の類である。【99/12/18】
●発癌物質を農薬としてはならないのか。【99/12/18】

 リンク

用語などの解説は西田立樹さんのHP(農薬ネット)や愛知県の病害虫防除情報を参照して下さい。他のリンクについては作成中です。

 中毒についての緊急問い合わせは

●つくば中毒110番 0990‐52‐9899(9〜17時)
●大阪中毒110番 0990‐50‐2499(24時間)
農薬に限りません。有料です。
万一農薬によって中毒を起こした場合は、先ず速やかに医師に診察してもらうことである。医師に連絡する場合には、中毒した人の年齢、どういう農薬を飲んだのか、吸入したのか、目に入ったのかというようなこと、そしてどのような症状なのかをはっきりと知らせることが大切である。

 プロフィール

グレガリナについて(一部追加【09/10/01】)グレガリナ金言集です。


 

このページはリンクフリーです。無断転載はご遠慮ください。
ご意見・ご感想は
●●●g●●●●a@●●−n●●●t●.n●.j●(●を推測し全て半角に)まで。 件名に英語が含まれる場合は自動的にゴミ箱に行きます。「こんにちは」,「失礼します」など件名から内容がわからないメールは開かずに捨てます。
一般のご批判は歓迎いたしますが,恫喝等に対しては差出人の意向にかかわらずメールアドレスを含むすべての内容を公表することがあります。
   
このホームページは2011年7月6日以来,No回訪問されました。