釣果へ・・・
釣果写真へ・・・
釣行記へ・・・
映像へ・・・
営業案内へ・・・

2006年1月・2月・3月・4月・5月6月7月8月9月10月11月12月

2007年1月2月3月4月5月6月7月8月9月・10月11月12月

2008年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2015年1月2月 3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月・4月
4月・・・
■・・・赤文字は、動画、または関連サイトにリンクしています。
 
(4月23日)中潮

 今年、一番にチヌを釣り上げた方は、渡船料金を下記の通り無料と
 させていただきます。45cm以上のチヌなら3ヶ月間無料。
 35cm以上45cm以下だと2ヶ月間無料。30cm以上35cm以下なら
 1カ月間無料。30cm以下は無効。釣り方は、二人以上のダンゴを使った
 掛かり釣りに限ります。公平性を考え一人釣りは無効です。
 また、無料権利を獲得しても本人の意思で権利を放棄できます。
 例えば、32cmのチヌを釣り上げても、その大きさに納得できなければ
 権利を放棄して、45cm以上のチヌを狙うのも可能です。この企画は、
 多くの方に好評で、チヌ釣り以上の魅力があるようです。
 一番チヌを狙った西宮市の南さんは、昼過ぎまでチヌ釣りに集中しましたが
 アタリはなくチヌ釣果ゼロ。西宮市の田中さんと渡辺さんは、鏡島北の筏で
 チヌを狙いカレイ2匹の釣果。西宮市の和気さんは、潮の通る筏でチヌを
 狙い釣果ゼロ。伊丹市の麻田さんは、大毛島よりの筏で小鯵とカレイ1匹の
 釣果。和泉市の日向さんは、親子三人で筏に上がりマイワシを200匹。
 徳島市の小信さんは、親子でマイワシを50匹。
 徳島市の山田さんは、大型サヨリを5匹。徳島市の榎本さんは、高島よりの
 カセでサヨリ2匹。徳島市の堀田さんは、サヨリ2匹。徳島市の山元さんと
 松野さんは、サヨリ13匹と10匹。徳島市の小畠さんは、真鯛1匹。
 徳島市の小泉さんはチヌ1匹と真鯛2匹。徳島県勝浦町の前川さんはサヨリ2匹。
 徳島市の小泉さんは、チヌ1匹と真鯛2匹。徳島市の横山さんは、  
 45cmのチヌを1匹。洲本市の船井さんは、シラサエビを
 餌にして真鯛1匹とハネ4匹の釣果でした。

 
 
(4月22日)若潮

 一番チヌの概要。その年に一番早くチヌを釣った方は、ある期間
 渡船料は無料とさせていただきます。
 45cm以上のチヌを釣った方は、3カ月間無料。35cm以上45cm以下は
 2カ月間無料。30cm以上35cm以下は、1カ月間無料。
 但し、二人以上のダンゴを使った掛かり釣りであること。また、獲得した権利は
 行使することも放棄することもできますが、譲渡することはできません。
 一番チヌを狙って、筏に上がった神戸市長田区の三好さんと前田さんは、
 30cm以下のチヌを2匹。神戸市の本郷さんも一番にチヌを釣ろうと筏に
 上がりましたが、狙いのチヌを釣り上げることはできず。徳島市の尾形さんは、
 ウキ釣りでサヨリと真鯛を狙い55cmの真鯛を1匹。鳴門市の三井さんも
 サヨリと真鯛を狙い大型サヨリ7匹と真鯛を1匹。徳島市の山元さんは、
 大型サヨリを19匹。鳴門市大麻町の清部さんは、大型のサヨリを11匹。
 神戸市長田区の篠岡さんは、大毛島よりの筏でチヌとイワシを狙って
 マイワシを50匹。昼過ぎから釣りに来られた大阪市の福田さんは、マイワシを
 30匹。

 
 
(4月21日)長潮

 本格的なチヌの季節に入り、連日大型のチヌが釣れています。
 大阪市の日野さんは、潮の通る筏で真鯛を狙いましたが、真鯛の反応は
 なく、メバルとハネの釣果。徳島市の榎本さんは、高島よりのカセで
 45cmのチヌと35cmのサクラマスを1匹。徳島市の岡さんは、
 35cm~38cmのサヨリを14匹の釣果でした。

 
 
(4月20日)小潮

 18cm~23cmの小鯵が釣れていました。大阪市の桃井さんが大毛島よりの
 筏でマイワシ100匹と小鯵を50匹。サヨリを専門に狙った徳島の岡さんは
 35cm級のサヨリを8匹。徳島市の榎本さんは、潮の早いカセで35cm~
 40cmのサヨリを30匹。ダンゴを使った掛かり釣りでチヌが釣れました。
 徳島県松茂町の河北さんは、潮の通るカセで38cm~39cmのチヌを2匹。
 朝の時合いに60cm級の真鯛とそれ以上の真鯛もが掛かったそうですが、
 錨のロープに絡み取り込めなかったそうです。

 
 
(4月19日)小潮

 チヌ、真鯛は本格的に釣れ始めたようです。とくに真鯛は2号のハリスを
 切る大きさのものが多く回遊しています。
 チヌ釣り、真鯛釣りを好む方は狙い時です。
 風が吹かなければ、もう少し釣れていたという徳島市の岡さんは、
 35cm~37cmのサヨリを10匹。徳島市の榎本さんは、45cmの
 チヌを1匹。徳島市の白井さんは、43cmのチヌ1匹と67cmの
 真鯛を1匹。

 
 
(4月18日)小潮

 がん検診で画期的な検査方法が開発されているそうです。
 この方法は、線虫と言われる生物を人の尿に与えると、
 線虫と呼ばれる小さな生物が、人の尿の成分の臭いを嗅ぎ分けて、
 がんを早期に発見するという検査方法で、日立製作所と
 ベンチャー企業が共同で進め2年後の実用化を目指します。
 線虫と呼ばれる体長1ミリ程度の小さな生物が、犬を超える嗅覚を
 持つという特性を生かして、人の尿の成分の臭いを嗅ぎ分ける検査方法で、
 がんの早期発見を目指します。
 線虫はがん患者に特有の尿の臭いに集まる習性があり、
 プレートに置かれた少量の尿に線虫が、どれくらい集まったかを
 数える方法で、がんかどうかを判定できるとしています。
 これまでは、人による目視で線虫を数えていましたが、
 日立が新たに開発した装置を使うと自動化できるとしています。
 この方法を使えば、数千円程度でがん検査ができ、早期のがんの発見に
 もつながるそうです。

 
 
(4月17日)中潮

 日本海に発達中の低気圧が近づき、風雨が強くなりました。
 徳島市の坂口さんは、真鯛とサヨリを狙いましたが、雨と風に耐え切れず
 午前中に納竿。ウキ釣りでチヌ、真鯛は釣れています。天候が回復すれば
 良い釣果が期待できそうです。

 
 
(4月16日)中潮

 四国、近畿地方は、高気圧に覆われて気温が上がり、各地で最高気温が
 25度以上の夏日となりました。広い範囲で5月中旬から6月下旬並みの
 暖かさとなり半袖姿で過ごせる天気でした。
 一番チヌを狙う釣り人も増えてきました。神戸市の折越さんも、その一人で
 夕方まで根気よく釣りましたが、一番チヌは釣れず。神戸市の田畑さんと
 藤浪さんも潮の早いカセでチヌを狙いましたが、明確なチヌアタリは
 無かったようです。岡山市の西岡さんは、大毛島よりの筏でマイワシを
 400匹。徳島市の白井さんは、ウキ釣りで真鯛を狙い45cm~60cmの
 真鯛を2匹。60cm級の真鯛が、もう一匹掛かったそうですが、取り込み中に
 外れたそうです。
 17日から18日にかけては、低気圧が通過するため、風や雨が強まる
 荒れた天気となる見込みです。天気が回復すれば低調なサヨリ釣りが
 復活しそうです。また、チヌ釣りも本格的に釣れ始めるでしょう。

 
 
(4月15日)中潮

 雨の予想でしたが、雨は降らず終日穏やかな天気でした。
 シラサエビでメバルを狙った高松市の柴田さんは、釣れるのは
 小型のガシラばかりで持ち帰れる魚はアイナメ1匹。
 サヨリを狙った京都市の上田さんは、サヨリの集まりが悪く
 サヨリ2匹の釣果。徳島市の長尾さんは、引き潮が緩みサヨリが
 釣れ始めたそうでサヨリ16匹の釣果。
 神戸市の藤本さんと加藤さんは、一番チヌを
 狙い筏に上がりましたが、アタリが少なくチヌの釣果は無し。
 ウチノ海の湾内にチヌと真鯛の群れが入っているようです。
 連日カセで釣りを楽しむ徳島市の岡さんですが、幾度となく真鯛が掛かりましたが
 掛かる真鯛が大型で、サヨリ仕掛けでは取り込めなかったそうです。
 唯一取り込めたのは、45cmのチヌ1匹でした。

 
 
(4月14日)大潮

 鯛サビキは、満ち潮が早くなるまでが良かったようです。
 高砂市の北さんと久保さんは、鯛サビキ仕掛けで48cm~62cmの真鯛を
 6匹。サヨリを狙った徳島市の榎本さんは、35cm級のサヨリを10匹。
 チヌをかかり釣りで狙った吉野川市の中村さんは、チヌらしきアタリがなく
 チヌの釣果無し。サヨリを専門に狙った徳島市の岡さんは、サヨリ仕掛けに
 47cmのチヌが1匹。釣れたタナは1ヒロ半だと言います。また、大型の
 真鯛も掛かったそうですが、チヌとは引きの強さが違い、
 対処できなかったそうです。

 
 
(4月13日)大潮

 サヨリ釣りの釣れ具合は不調でしたが、マイワシは絶好調!
 徳島市の白井さんは、潮の通るカセでサヨリ5匹とカレイ2匹。
 徳島市の岡さんは、35cm級のサヨリを8匹。徳島市の坂口さんは、
 潮の早いカセでサヨリを16匹。川西市の山岡さんは、大毛島よりの筏で
 マイワシを四人で800匹の釣果でした。マイワシの集まりは良く
 正午までに中型クーラーを満杯にしていました。

 
 
(4月12日)大潮

 釣りに出かけるときに「おにぎり」を持って行く方は少なくないと思います。
 おにぎりは、しっかりと握り、口に入れると崩れていく感じが
 食べ心地が良いものです。この理想の握り具合を紹介した動画を見つけました。
 昭和29年創業、「おにぎり浅草宿六」の三浦洋介さんが握る動画です。
 徳島市の岡さんは、潮の早いカセで33cm~38cmのサヨリを48匹。
 掛け合わせが悪かったのか5匹に1匹はハリから外れたと言います。

 
 
(4月11日)大潮

 一番チヌ(その年で一番にチヌを釣り上げた方は渡船代金が、ある期間無料)を
 狙い高松市の長江さんが筏に上がりました。
 予想通り魚のアタリは少なく我慢の釣りになりました。雨が降る中昼過ぎまで
 頑張りましたが、チヌのアタリはなくチヌの釣果はゼロ。
 徳島市の川添さんは、マイワシを狙い18cm前後のマイワシを150匹。
 45cm以上のチヌを一番に釣り上げた方は、3ヶ月間渡船代金無料。
 40cm以上45cm未満のチヌを一番に釣り上げた方は、
 2ヶ月間渡船料金無料。
 30cm以上40cm未満のチヌを一番に釣り上げた方は、
 1ヶ月間渡船料金無料。30cm以下は権利無し。
 釣り方は、ダンゴ釣りに限ります。公平性を考え、2名以上のダンゴ釣りで
 権利は1部門とします。筏・カセ共通です。

 
 
(4月10日)中潮

 恒例行事となっている一番チヌ(その年で一番にチヌを釣り上げた方は
 渡船代金が、ある期間無料)ですが、今年は内容が少し変わりました。
 45cm以上のチヌを一番に釣り上げた方は、3ヶ月間渡船代金無料。
 40cm以上45cm未満のチヌを一番に釣り上げた方は、
 2ヶ月間渡船料金無料。
 30cm以上40cm未満のチヌを一番に釣り上げた方は、
 1ヶ月間渡船料金無料。30cm以下は権利無し。
 釣り方は、ダンゴを使った2名以上のかかり釣りに限ります。
 公平性を考え、一人釣りは対象外で権利は発生しません。
 また、権利は1部門とします。筏・カセ共通です。
 サヨリ釣りは、東大阪市の川村さんが、潮の通るカセで35㎝前後の
 サヨリを30匹。徳島市の坂口さんは、潮の早いカセでサヨリ16匹。
 徳島市の岡さんは、33cm~38cmのサヨリを45匹の釣果でした。

 
 
(4月9日)中潮

 天気予報は、外れたようで雨も降らず釣りが楽しめました。
 徳島市の竹内さんは、浅場の筏でカレイ2匹とサヨリ1匹。
 高松市の上村さんは、マイワシを50匹。徳島県神山町の白桃さんは、
 家族で大毛島よりの筏に上がりマイワシを200匹。徳島市の白井さんと
 岡さんは、35cm級のサヨリを16匹と22匹。徳島市の堀田さんと榎本さんは
 サヨリ58匹と42匹。徳島市の槙野さんと松野さんは、サヨリ17匹と
 69匹の釣果。
 天才とは、生まれつき備わった優れた才能を持ち合わせた人のことを言います。
 山元八郎さんは、天才的才能を持ち合わせ、努力を努力として見ていない人。
 サヨリ釣りでも、その天才的な能力が釣果に出て、一般的に上手と言われる
 人の倍以上の魚を釣ります。山元八郎さんのサヨリ釣果は、35cm~40cmの
 サヨリを114匹。同じ場所で釣った徳島の横山さんは、
 同サイズのサヨリを56匹。
 徳島市の高橋さんと坂部さんは、サヨリ34匹と26匹。徳島県勝浦町の
 前川さんと徳島市の小泉さんは、サヨリ45匹と28匹。

 
 
(4月8日)中潮

 全国各地で桜が見頃を迎えていますが、見頃をむかえているのは「ソメイヨシノ」
 という品種の桜です。日本で桜と言えば「ソメイヨシノ」が一般的ですが。
 このソメイヨシノは、東京都豊島区の染井(現・駒込)の植木職人が
 明治初期に、オオシマザクラとエドヒガンの交配で作り出した桜です。
 当初、桜の名所でなる奈良吉野の桜にちなんで吉野桜と命名したのですが、
 吉野の山桜と勘違いされるので、染井吉野に改名したそうです。
 今では、全国に広がり多くの人たちの心を癒しています。
 鳴門地方も桜が見頃ですが、すっきりしない天気なので花見をひかえた方も
 多いと思います。
 京都市の岡田さんと久木田さんは、サヨリ15匹と9匹。京都市の下戸さんと
 下村さんは、サヨリ19匹と12匹の釣果。三田市の斎藤さんは、マイワシを
 30匹。大阪の小倉さんは、小型のカレイ3匹の釣果。徳島市の榎本さんは
 サヨリ20匹。徳島市の岡さんは、33cm~38cmのサヨリを46匹の
 釣果でした。

 
 
(4月7日)若潮

 富山湾に春を告げるシロエビ漁が解禁になりました。
 シロエビは淡いピンク色を帯びた、透き通った魚で一目見ると
 アミエビかオキアミと勘違いするエビです。
 サヨリを狙う釣り人だとサヨリ釣りに試してみたいものです。富山県内だと
 スーパーで手に入るそうですが、四国地方では見かけません。
 徳島市の坂口さんは、32cm~38cmのサヨリを15匹。徳島市の岡さんは
 32cm~38cmのサヨリを62匹の釣果でした。

 
 
(4月6日)長潮

 全国的に南風が吹いて、気温が上がりました。関東から西に加え、
 東北や北海道でも20度を超えている所があり、初夏のような暖かさでした。
 天気は下り坂です。九州と中国、四国は断続的に雨で、夕方には
 本降りの雨になりました。

 
 
(4月5日)小潮

 南風が強く吹き、気温も23℃まで上がりました。
 サヨリ釣りは、潮の動きが悪く、南風が強く吹いたので良い釣果は
 ありません。
 吹田市の神尾さんは、島田島よりのカセで35cm級のサヨリを8匹。
 東大阪市の畑山さんと内藤さんは、潮の通るカセでサヨリ10匹。
 京都市の西野さんと村岸さんは、潮の早いカセでサヨリ13匹と13匹。
 東大阪市の田中さんと桧垣さんはサヨリ9匹と10匹。徳島県鴨島町の
 川端さんは、マイワシを100匹。徳島市の岡さんは、サヨリ23匹の
 釣果でした。

 
 
(4月4日)小潮

 最高の釣り日和でした。
 宝塚市の中村さんは、筏でカレイ1匹とイワシの釣果。徳島市の岡さんは、
 35cm~38cmのサヨリを28匹。徳島県新野町の井上さんは、
 35cm~40cmのサヨリを45匹の釣果。加古川市の久保さんは、
 息子さんの涼太さんとサビキ仕掛けで真鯛を狙い50cm~60cmの
 真鯛を4匹と28㎝のメバルを1匹の釣果。鯛サビキ釣りは、ベイトが回遊して
 おらず鯛の食いも芳しくなかったようです。

 
 
(4月3日)小潮

 真鯛のサビキ釣りは、ベイトの有無で釣れ具合が大きく変わるようです。
 高松市の植松さんは、サビキ仕掛けで真鯛を狙いましたが、アタリは少なく
 50cmの真鯛2匹とイシモチを2匹。
 大阪市の大原さんは、親子三人で筏に上がりサヨリを狙いましたが、
 サヨリは釣れずイワシだけの釣果。
 京都市の蛇持さんと宇野さんは、潮の早いカセでサヨリ30匹。徳島市の
 高橋さんは親子でサヨリ15匹。徳島市の白井さんは、カレイ2匹とサヨリ6匹。
 京都市の板谷さんと入部さんは、潮の通るカセでサヨリ20匹。徳島市の岡さんは
 サヨリ10匹。徳島市の榎本さんは、35cm~40cmのサヨリを40匹の
 釣果でした。

 
 
(4月2日)中潮

 穏やかな天気になりました。
 徳島市の橋本さんは、イワシ釣りが目的でしたが、目的の魚が釣れたのは
 10分程度でイワシ20匹の釣果。大阪の内藤さんは、大毛島よりの筏で
 マイワシ100匹の釣果。岡山市の西岡さんも大毛島よりの筏で
 マイワシをクーラー2個満杯。徳島市の松野さんは、潮の通るカセで
 35cm~40cmのサヨリを34匹。徳島市の榎本さんは、35cm~
 40cmのサヨリを41匹の釣果でした。

 
 
(4月1日)中潮

 チヌ釣りの季節になりました。

 恒例行事となっている一番チヌ(その年で一番にチヌを釣り上げた方は
 渡船代金が、ある期間無料)ですが、今年は内容が少し変わりました。
 45cm以上のチヌを一番に釣り上げた方は、3ヶ月間渡船代金無料。
 40cm以上45cm未満のチヌを一番に釣り上げた方は、
 2ヶ月間渡船料金無料。
 30cm以上40cm未満のチヌを一番に釣り上げた方は、
 1ヶ月間渡船料金無料。30cm以下は権利無し。
 釣り方は、ダンゴを使った2名以上のかかり釣りに限ります。
 公平性を考え、一人釣りは対象外で権利は発生しません。
 また、権利は1部門とします。筏・カセ共通です。

 マイワシは、依然釣れ続いていまが、潮の具合で釣れない時間帯も
 あるようです。神戸市の野口さんと有田さんは、大毛島よりの筏で
 17cm~18cmのマイワシを100匹の釣果。
 一番チヌを狙い筏に上がった神戸市の藤本さんと加藤さんは、
 本命は釣れずカレイ1匹の釣果。
 カレイを狙った西宮市の井手上さんは、カレイ3匹の釣果。
 京都市の佐々木さんは、サヨリ10匹。京都市の上田さんは、潮の早いカセで
 サヨリ8匹。京都市の乾さんは、初めてのサヨリ釣りで大型のサヨリを6匹。
 京都市の宮下さんは、潮の通るカセで大型のサヨリを31匹の釣果。
 サヨリを狙った徳島市の坂口さんは、高島よりのカセで大型のサヨリを10匹。
 また、サヨリ仕掛けで45cmのチヌが釣れました。ただ、ウキ釣りなので
 一番チヌの権利は発生しません。
 ウチノ海の湾内に、ある程度のチヌが回遊しているので、本格的なチヌの
 季節も近いようです。

TOP

Copyright © 2006 ”Hosokawa Tosen” All Rights Reserved.