使役動詞の使い方:<make><have>

 

タカオ:森先輩、質問があるんですけど、いいですか?

森  :質問て何? またややこしいんだろ。タカオの質問は難しいだよ。

タカオ:そんなこと言わないでくださいよ。先輩しか説明してくれそうな人が

    いないんですから。

森:  学校の先生に質問すれば?

タカオ:そんなの無理ですよ。学校で習うのは受検英語で、受検英語とくれば、

    『理屈抜きで覚えろ!』 

    でしょ。今日だって、補習の英語で、やたら”連語”とか”熟語”とか出てきて、

    それを全部覚えろ、て言われるんですよ。覚えろ』って言うのはだけど、

    実際に覚えるのは大変ですよ。

    あんなにたくさん覚えられるわけないし。

    それに少しでも何か説明してくれたら、まだなんとかなると思うけど、

    何にも説明してくれないんですよ。あれじゃ、とてもじゃないけど、

    覚えるの無理っす。

森  :まぁね、それは確かに言えるね。俺も高校時代に似たような経験をしているよ。

    でも、無理って言わないで、具体的な話をしようよ。どんな質問があるの?

タカオ:え〜と、色々あるんですけど、今日の補習で<let><make>とか、

    使役動詞に関係する連語がいっぱい出てきたんですよ。そのなかに、例えば、

 

    ★ make it a rule 〜 → 〜を習慣にする

 

    こんなのがあったんですけど・・・

森;  いかにも受験英語で習いそうな”連語”だね。でも、それ確か大学の指導教官

    の話では、今時はほとんど使わないらしいよ。

タカオ:えっ、そうなんですか。だったら、こんなのしなくても・・・

森;  でも、受験英語ではやらなきゃ仕方ないだろうね。

タカオ:やっぱり、そうなるんですか。それじゃ、仕方ないから質問するんですけど。

    <make it a rule><make>の所を、<have>に代えたら、

    まずいんですか?

森:  ちょっと待ってくれる。ようするにタカオの言いたいのは、

 

    ★ 『寝る前に散歩するのを習慣にした』

      I made it a rule to take a walk before going to bed.

                ↓

          <made>を<had>に入れ替える

                ↓

      I have it a rule to take a walk before going to bed.

 

    って、ことだろ。

タカオ:そういうことですね。それで、<make>を<have>に入れ替えられるんですか?

森:  手元の辞書で今調べてる範囲では、出来ないと思うんだけど・・・

タカオ:でも辞書に全て載っているわけじゃないですよね。辞書に載ってなくても、

    正しいのがあるんじゃないんですか?

森:  確かに、その可能性も否定できないけど・・・、

    でも多分、入れ替えるのは無理だと思うね。

タカオ:なんで、そんなこと言い切れるんですか。失礼なことかもしれないですけど、

    先輩にとっても、僕にとっても、英語は、しょせん外国語なんだから、知らない

    ことっていうか、見たことも聞いたこともない英語があるわけで・・・

    その意味で、<make>を<have>に入れ替えるの無理かどうか、決めるのは

    無理じゃないんですか?

森:  もちろん、そうだろうね。英語は外国語でしかないから、そこまで言い切れない

    ことが多いと俺も思う。

    でも、見方さえ上手く出来れば、あるレベルまでは、<予測>できる

    思うんだ。

タカオ:<予測>ですか?

森:  予測が何か、ぐたぐた言うより、具体的な例で考えてみよう。その方が、

    分かりやすいと思うから。

    それで、タカオの質問を使ってみようか。

    問題になっている使役動詞の<make>だけど、

    <have><get><let>みたいな他の使役動詞と並べて考えてばかり

    いるから、話が見えにくくなって、上手く予測が出来なくなるんだ。

    たまには、<make>そのものについて考えてみると面白いことが見えて

    くるよ。

タカオ:<make>そのものって?

森:  <make>の最も基本になる意味って何だと思う?

タカオ;最も基本の意味は、<make>だから、『作る』でしょ。

森;  多分そうなるだろうね。

    それじゃ、『作る』の<make>で、少し例文を作ってみようか。まず、

 

    ★ I made a chair for her.

 

タカオ:これって、『彼女にイスを作ってあげた』ってことですよね。

森:  そうなんだけど、大事なのは、ここからなんだ。受験英語っぽくて少し抵抗が

    あるかもしれないけど、この文だと、目的語が<a chair>の1つしかない

    SVOの文型だよね。それを目的語2つあるSVOO書き換えてほしいんだ。

タカオ:それって、<for her>から<for>を消して、あと少し単語の順番を

    入れ替えて

 

    ★ I made her a cake.
      S  V  O   O

 

    これでOKですよね。

森;  そうなるよね。そしてここで確認してほしい大事なことが、<make>のあとに

    ある名詞(の固まり)なんだ。

タカオ:それって簡単ですよ。SVOOってことだから、目的語2つあるでしょ。

    ということは、

    <her><a chair>の、2つ名詞(の固まり)がありますよ

森;  そうだよね。そこで、さっきのタカオの質問を見直してみると、

 

    ★ I made it a rule 〜.

 

    これだけど、<make>の後ろに名詞がいくつあるかな?

タカオ:<it><a rule>2つです。

森:  もうそろそろ、何かに気付かないかな?

    『作る』『使役』の<make>の共通点について・・・

タカオ:どっちも名詞の固まりが2つ取れるんだ

森:  その通り。そして、今度は、同じことを『使役』の<have>についても考えて

    みよう。

タカオ;分かりましたよ。先輩の言いたいこと。今度もさっきと同じように、

    <have>の基本の意味から考えるんでしょ。

森  :その通り。そして、それから・・・

タカオ:それから、<make>と同じように、基本の意味で、SVOO、つまり

    <名詞>が2つ取れるか調べるんでしょ。

森:  正解。

タカオ:<have>の基本は、

 

    ★ I have the book (with me).

      『僕の手元に、その本があります。』

 

    これですよね。

森:  多分そうだろね。『〜がある』とか『〜を持っている』というのが、<have>

    の基本の意味だろうね。

タカオ:そして、これを、SVOOにするために、<with me>の<with>を消して

 

    ★ × I have me the book.

 

    こんなふうにしても、これは英語としては使えない

    つまり、<make>と違って

    <have>の基本は、後ろに名詞2つ取ることが出来ない

森:  だから・・・

タカオ:だから、<have>基本の意味で、後ろに名詞を2つ取ることが出来ない

    だから、

 

    ★ ・・・have it a rule・・・

 

    こんな感じで、

    『使役』の<have>でも、名詞を2つ取ることは出来ない

    こういうことですね。

森:  その通り。

 

    これが、さっき話した<予測>の具体例の一つなんだ。

    それぞれの単語の基本的な意味を元にして、他の意味でどう使われるかを、

    予測してみるんだ。

 

    当たり前のことだけど、1つの単語意味がたくさんあっても、

    きっと、元は同じ意味から、発展してきたものだと思うんだよね。

    すこし堅いこと言うと、

    元の意味から、その他のより発展した意味が、”派生”したんだ。

    ということは、元の意味を引き継いでいるわけだから、元の意味と、それに

    関連する文法的な特徴を調べれば、派生した意味での使い方も、ある程度

    までは予測できるんだよね。

    

    ちなみに”派生”のことについて、もう少し踏み込んだプリントがあるから

    後で読んでみてよ。(興味のある方は、こちらをクリック)

 

    もちろん予測するだけじゃダメだけどね。予測したからには、それで正しいか

    確認する必要があるし、その確認のためには、少しでも多くの英語に触れる、

    つまり、経験を積む必要があるしね。そして、その上で、予測通りなら、

    そのままにして、予測が外れていたら、その予測を、できるだけ適切に

    修正(バージョンアップ)する必要があるだよね。

タカオ:元になる意味を使って、<予測>し、それを<確認>し、問題があったら、

    <修正:バージョンアップ>する。

森:  そうなんだ。英語を少しでも身に付けたいなら、

    予測、確認、修正(バージョンアップ)、この3つもできた方が、面白いと

    思うね。

 

    英語を先生とか参考書みたいに、第三者から<習っている>

    ついつい英語に受け身に触れてばかりになるね。受け身の勉強も大切だけど、

    時には、もっと積極的な勉強法をしても面白いと思うんだ。積極的な勉強法も

    色々あると思うけど、さっきの予測、確認、修正(バージョンアップ)も、その

    一例だろうね。

  

★★<予測><確認><バージョンアップ>と★★

★★英語のより積極的な勉強法に★★

★★興味がある方は、こちらをクリックしてください★★